ベイビー

使わなくなっても便利

ベビー

最近は、ベビーベッドをレンタルで済ませる方が非常に増えているみたいです。使わなくなったら返却すればいいだけなので収納場所に困ることもありません。ベビーベッド以外のものもレンタルできる場合が多いので、いろいろ借りるのもオススメです。

» 読んでみよう

赤ちゃんの肌に塗るもの

化粧水

赤ちゃんの肌を乾燥から守るためのベビーローションはランキングを見て、できる限り安全なものを選ぶようにしましょう。また、そうったものは大人でも利用することができますので、肌の調子が悪い方は毎日の生活で使っていきましょう。

» 読んでみよう

個人差があります

赤ん坊

体調の変化を見逃さない

体も内臓も筋肉も全てが未発達な赤ちゃんの場合、ちょっとしたきっかけでも便秘になってしまうことがあります。数日間排便が無くても平気という場合もありますが、中には1日排便がないだけでも具合が悪くなってしまうこともあります。赤ちゃんの食欲が無い、いつもよりもお腹が張っている、排便時に普段よりもいきんでいるという症状があった場合には、便秘である可能性があります。赤ちゃんが便秘になった時の対応については、月齢により異なりますが、授乳期の赤ちゃんの場合は、綿棒浣腸やお腹のマッサージを行うことにより便秘が解消することがあります。離乳食開始後は、離乳食に油分を少し多めに加えたり、食物繊維が豊富な根菜類を取り入れるようにしましょう。

解消方法

授乳期時期の赤ちゃんが便秘になった場合に有効な綿棒浣腸の行い方としては、普通の麺棒を用意し、そこにオイルを塗ります。そして、その麺棒を肛門から3cm程度中に入れ、中でまわすようにします。オイルがないという場合には、濃い目の砂糖水でも構いません。これを1日2〜3回程度繰り返すようにしましょう。そして、マッサージ方法としては、お腹に「の」の字を書くようなイメージで軽くマッサージをしていきます。軽い力でゆっくりと行うようにしましょう。その他の方法としては、赤ちゃんの両脇に手を当て、左右にゆらゆらと揺らすようにします。お腹にガスが溜まり、腸の動きが悪くなっているような時に有効な方法であると言えるでしょう。

乳児によくあるトラブル

手

乳児湿疹は乳幼児に出来るものですが、その原因は色々あります。特に乳幼児は大人に比べて肌が弱いのでトラブルになりがちです。湿疹ができても清潔にすることで改善できます。ひどい場合は病院で薬を処方してもらいましょう。

» 読んでみよう