親子

乳児によくあるトラブル

手

乳児の湿疹

新生児や乳児に良く見られるトラブルのひとつが乳児湿疹です。何故乳児湿疹が起こるのかといいますと、乳児は大人に比べて肌のバリアが薄いのでちょっとしたことで荒れやすくなってしまいます。湿疹の種類はいくつかあります。乳児脂漏性湿疹、アトピー性、あせも、おむつかぶれ、アレルギーなどがあります。どの湿疹にも共通して言えることが、清潔を保つことです。新生児のうちに多く見られる生後まもなくの湿疹に関しては、清潔に保っていれば自然に治ることがほとんどです。口周りは特に授乳の際にミルクがついてしまい、そのままにしておくと更に荒れてしまうので、授乳後はしっかり拭いてあげましょう。あまりにもひどい場合は病院で見てもらうことをオススメします。

湿疹が現れたら

お腹の中にいたときの環境と外の環境は全く異なります。生まれたばかりの赤ちゃんは肌も大人に比べて弱いですし、すぐ湿疹してしまうことも少なくありません。乳児湿疹が出たら、病院で薬をもらいましょう。清潔に保ち、しっかりと薬でケアをしてあげるとすぐに良くなります。赤ちゃんは小さな身体ですが、大人と同じだけ汗腺があるので汗をかきやすいという特徴があります。汗をかきやすいためあせもも出来やすくなってしまいます。おむつもこまめに変えてあげないとお尻がかぶれてしまうこともありますので気を付けましょう。乳児湿疹は新生児から乳幼児にかけて発症しやすいので、夏場など特に汗をかきやすい時期は汗をかいたら沐浴するようにしましょう。